本文へスキップ

ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時染めの違い

白髪染めの種類sorts

色々ある白髪染めの種類を整理してみました。


白髪染めの種類

白髪染めには色々な種類があります。あまり馴染みがない方のために、ちょっと説明しておきましょう。

ヘアカラータイプ:髪の内部に染料を浸透させ るので、永久的にしっかりと染め上げることが出来ます。ただ、髪の色素を一度脱色してから染めるので、髪の毛を傷めてしまう恐れがあります。また頭皮への 負担も大きく皮膚アレルギーをおこす恐れがあるので、使用前にパッチテストを行いましょう。液状・泡状・ムース状のものなどがあります。おしゃれ染め用の ヘアカラーは、白髪のない髪を染めるためのものです。白髪が染まるようには作られていないので、おしゃれ染めでは白髪は染まりません。白髪を染める場合 は、白髪染め用のヘアカラーを使いましょう。

ヘアマニキュアタイプ:髪の脱色はせずに髪の表面に色をつけるものです。なので黒髪と白髪では色の出 方に違いがあったり、シャンプーの度に色が落ちてしまうという欠点があります。ヘアカラータイプに比べて髪や頭皮への負担が少なく、アレルギー性も低いの が長所です。液状・泡状・ムース状のものなどがあります。最近ではトリートメントタイプのものも人気があります。

一時染めタイプ:白髪を一時的に隠すもので、シャンプーをすると落ちてしまいます。スプレータイプ・スティックタイプ・パフタイプのものなどがあります。